プライス

一般的に設計監理費は総工事費の10%といわれておりますが敷地や法令などの条件により業務の内容は大きく異なります。
ヒグチヒロユキ建築事務所では総工事費の10%を上限とし条件をお聞かせ頂いたうえで設計監理費を提示させて頂きます。
設計料が発生するのは2回目のプラン作成から(初回無料)となります。
設計料に含まれるもの

  • 設計業務/基本設計図・実施設計図の作成
  • 模型またはパースによるプレゼンテーション
  • 確認申請書作成業務
  • 工事金額の調整
  • 工事監理業務

 

設計料に含まれないもの

  • 地盤調査費
  • 確認申請の申請料(証紙代)
  • その他に必要とする申請がある場合の手続き代
  • 性能保証・完成保証料及び申請代

 

設計監理費-(住宅の場合)
総工事費 × 8%-10%(条件により変動) =設計監理費
(本体工事費が2000万円の場合 2000万円×8%-10%=160-200万円)

 

建築予算を計画されるときに設計料は大切な予算の一部です。
事前に大まかな計画を教えて頂けましたら概算の設計監理費をご提示致します。
どうぞお気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせはコチラ

コメントを残す